携帯サイト

携帯に送信
友だち追加

規則的な1日3回の食事が大切

2011-01-19 21:45:18 0 Comments

なぜ1日3回の食事が必要なのか栄養学的、脳生理学的な
視点から考えてみましょう。
朝食を食べない習慣の人に、3食を規則的に与えたあとの
生体の変化で説明すると次のようになります。

○血液の中にアルブミン(血清の浸透を保ち、タンパク質貯蔵用の
 予備タンパク質として機能する部分)が増加し、
 タンパク質の利用効率が高まります

血清コレステロールが減少します。

○体脂肪の分解を促進する作用を持つグルカゴンや
 甲状腺ホルモンなどが上昇しますが、
 逆に、体脂肪の合成を促進するインシュリンが低下します。

○血糖値が低く、逆に遊離脂肪酸が上昇して、
 体脂肪の分解がこう進していることがわかります。

これらを総合的にみると、2食より3食のほうが皮下脂肪が減少し、
結果的に体重の低下がみられます

コメント

  1. コメントはありません
コメントをどうぞ
ハンドネーム・イニシャル可
非公開です。表示はされません。