携帯サイト

携帯に送信
友だち追加

育てる、育む

Posted コメント数: 0

食育、保育、育児の「育」の字は、肉体を意味する「月」の上に、
胎児を象形する逆さになった「子」が乗っている姿です。
脳、肺、臓、腋、肝、胆、腎、骨、腸、肩、背、胸、腹、胴、
脇、腰、腕、肘、脚、膝
など、月のつく漢字を書き並べて、
食べ物の栄養素が身体の各部分をつくり、動かしていることを
イメージすると、私たちの身体は食べ物からできていることが
実感できます。「勝」という字にも月と力がついていて、
体力、気力、実力、能力の源も食にあることを物語っています。

一方、動詞の「育む」は親鳥が卵やひなを抱いて育てる
「羽含む」からきていると言います。親がわが子を養い、
可愛がる様子が目に浮かびませんか?

続きを読む

冬至にはかぼちゃ・ゆず・・・

Posted コメント数: 0

冬至は日照時間が最も短く、太陽の恵みを享受できないため、
昔は「死に一番近い日」と言われていました。
体を温め無病息災を祈るのも、その厄災を払うためなんですね。

冬至は二十四節気の一つで、最も昼間が短い日
冬至にはかぼちゃを食べ、柚子湯に入って「無病息災」
を祈る習慣
があります。柚子湯は冬至と湯治をかけたもので、
柚子の語呂合わせで「融通が利くように」という
願いも込められているそうです。

柚子には血行を促進する成分鎮痛作用のある成分が含まれ、
ビタミンCも豊富なため、風邪をひきにくくし、
あかぎれにも効果がある
と言われています。

冬至かぼちゃ」は緑黄色野菜の少ない冬に、
カロテンの豊富なかぼちゃを食べ、
風邪への抵抗力をつけようというもの。地方によっても冬至の食べ物が
違うようですが、冬至に「ん」のつくものを食べると幸運が
得られるという言い伝えもあり、冬至七種といって
「ん」が二つつく「南京(かぼちゃ)」「人参」「蓮根」
「銀杏」「金柑」「寒天」「饂飩(うどん)」を食べると
病気にかからないと言われています。
他にも、一年間たまった砂を払うと言われるコンニャクや、
中国の風習で赤い色は災厄を払うと言われることから
小豆粥を食べる習慣もあるようです。

冬至を境に日は長くなりますが、寒さが厳しくなるのはこれから。
冬を無事に過ごすために考えられた昔の人の知恵で
健康な冬を過ごしましょう。

続きを読む

食事の前のあいさつ「いただきます」

Posted コメント数: 0

なぜ食事の前のあいさつは「いただきます」なのでしょうか。
それは稲作の神が住むという山の頂(いただき)、
つまり「いただき形」に盛り上がったご飯をちょうだいします
という意味からなのです。

そして、命ある野菜や肉、魚をいただきます
という感謝の気持ちも含まれています。

食事の前に両手を合わせて「いただきます」と
あいさつをすると、食事がいっそう、おいしくなるはずです。

続きを読む

旬の食物は自然からの贈り物

Posted コメント数: 0

私たちの身体に必要な物がその時期、その時期に
作りだされていきます。そんな恵みの食べ物に
感謝をして旬の食材を頂きませんか。

12月に旬を迎える旬の食材

野菜

春菊・かぶ・ネギ・小松菜・京菜(水菜)・サツマイモ
ほうれん草・ブロッコリー・カリフラワー・大根
芽キャベツ・キャベツ・白菜・にんじん・かぼちゃ
レンコン・ごぼう・さといも 等

フルーツ

いちご・温州みかん・国産レモン・きんかん・ゆず
新興梨・愛宕梨・国産キウイ・伊予柑 等

鮮魚

ヒラメ・アマダイ・サバ・ホタテ貝・カキ・ヤリイカ
スズキ・イワシ・ニシン・カワハギ・ハタハタ・コハダ
クエ・カレイ・ブリ・キンメダイ・マダラ・サワラ
アカムツ・イトヨリ・タイ・クロムツ 等

続きを読む

元気ですか? あなたの胃 その1

Posted コメント数: 0

異常現象を起こしている私たちの胃ですが
今の時代に生きているので、私たちは今の時代にある食べ物を
食べなければ生きてゆけないと言うのが現実です。

知らぬが仏、知らないと仏様になってしまう…
この事実、知らないと怖いですよね?
でも、ちょっとした工夫努力で大丈夫なんです!!

その1
化学のものを避ける努力

ここ数十年間に入り込んできました。

要らないものは買わない努力
◆身体に触れる生活必需品も選ぶ努力

しっかり本物を見極めてください。

その2
五大栄養素のバランスを取る努力

毎日いただく食事を工夫する。

◆多すぎるものは減らす努力
◆足りないものは増やす努力

冷蔵庫の中身から変えていきましょう。

それでも足りないところに(足りないと怖い!)

◆栄養を補助する努力

大人も子供も食事時代です!!

続きを読む

元気ですか? あなたの胃

Posted コメント数: 0

元気いっぱいで腹八分目の昔の胃

きれいな水
きれいな空気
天然・自然な食べ物
タンパク質は豆・魚
旬の食べ物

でした。

しかし、

元気が出ず食べすぎである今の胃

消毒をしないと飲めない水
汚れた空気
身体に触れる化学物質
天然でない加工食品
くすり
食品添加物
砂糖・甘いもの
冷たいのも
抗生物質
化学肥料
合成飼料
ホルモン剤
残留農薬
タンパク質は肉
季節のない食べ物

今の胃は普通に生活をしているだけで

体に必要のない科学のものがたくさん入ってくる

身体に必要な五大栄養素のバランスが壊れる

などの要素が複雑に絡み合い異常現象を起こしています。
それが、今の時代なのです。

続きを読む