携帯サイト

携帯に送信
友だち追加

小さい頃から楽しく身体を動かすことが大切

Posted コメント数: 0

〜乳幼児期〜

 運動センスは、運動の機会があれば身についていくものです。
人間の器用さやリズム感を担う神経系の発達は、出産直後から急激に発育します。
この時期は基本的な運動動作を身につけるのに適していますので、
さまざまな動きを体験することにより巧みな動きができるようになります。
この頃に運動する機会を多くとることが大切なので、
両親や友達と身体を動かして遊ぶことが重要です。
しかし、体を動かすといっても難しいことは必要ありません。
『ボール遊び』や『鬼ごっこ』など、
遊ぶことによってバランスや回転の感覚が身についていきます。
 また、4歳ぐらいまでは大人の真似をするのが楽しい時期です。
大人がただ「やってごらん」と子供をせかすのではなく、
「楽しそうだね!やってみようか」と一緒に体を動かすと子供のやる気は違ってきます。
一緒に体を動かすことが重要なのです。

続きを読む

健康生活を送るためのウソ?ホント?

Posted コメント数: 0

ここでは、
運動での予備知識などを書いていこうと思います。


1.運動の得意、不得意は遺伝で決まる?

プロ野球や相撲、ゴルフなど様々なアスリートの世界では
親子2代で活躍する姿を見かけることがあります。
優れた運動能力を持つためには、やはり優れた遺伝子が必要なのでしょうか?

続きを読む