携帯サイト

携帯に送信
友だち追加

空腹時の運動

Posted コメント数: 0

 睡眠中も内臓やその他の器官は生命を維持するために
常に活動を行っています。そのため、必要なエネルギーが消費され、
血糖値の低下が見られたり、発汗や呼吸に伴って、
体内の水分の減少が見られます。朝起床した時は、
もっとも血糖値が低い状態にあるのです。
 運動する際には交感神経が優位になり、
より多くのエネルギーが必要となります。また、ジョギングなどの
有酸素運動は始めてからしばらくはブドウ糖が主なエネルギー源となり、
ブドウ糖が尽きてきた頃に体脂肪が使われます。空腹時の運動は、
一見ダイエットなどに効果的なようですが、ブドウ糖が脳の唯一の栄養源のため、
極限の空腹時の運動は意識がもうろうとし、集中力が低下します。
 また、体脂肪が分解されると、血液中に遊離脂肪酸という物質が増加し、
血液が濃縮した状態になります。
最悪の場合、めまいなどを起こし、動けなくなってしまいます。

続きを読む

早朝の自律神経のメカニズム

Posted コメント数: 0

 日中は交感神経が優位になり、夜になると副交感神経が優位になります。
朝、目覚めてから体が完全に活動できるまでには、
ある程度の時間が必要となります。これは、目が覚めても、
体を休ませよとする副交感神経の働きがまだ強く、体や脳の活動を
活発化させようとする交感神経の働きが強くなるまでに時間がかかるからです。
 また、副交感神経から交感神経への切り替えのときに
血圧が上昇し心拍数も増加します。そのような状態のときに
運動を行うと、運動中は一時的に血圧が上昇するので、心臓や血管に
かなりの負担がかかるのです。
そのため、中高年の方や高血圧の方などは特に注意が必要です。

続きを読む

自律神経とは?

Posted コメント数: 1

 私たちの体は生命を維持するさまざまな活動を行っています。
その中で心臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を維持するなど
生命を維持する働きをホメオスタシスといい、このホメオスタシスを保つために
全身をコントロールしているのが自律神経です。
自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、
うまくバランスを取りながら働いています。

  交感神経の働き
・心臓の働きを活発にする
・血圧をあげる
・消化を抑制する
・排せつを抑制する
・筋肉を収縮する

 副交感神経の働き
・心臓の働きを抑える
・血圧を下げる
・消化を促す
・排せつを促す
・筋肉を弛緩させる

続きを読む

小さい頃から楽しく身体を動かすことが大切

Posted コメント数: 0

〜児童期〜

 神経系は生まれてから著しく発達し、10歳前後になると、
ほぼ完成に近づきます。一度その経路が発達すると大人になっても
まとんど変わらないため、この時期はさまざまな身のこなしを身につけるのに
一番適してるといえます。例えば、いったん自転車に乗られるようになると
何年も乗らなくても、いつでもスムーズに乗れることができるのもそのためです。
 この時期は、ボールや道具を使って遊んだりすることによりバランス能力や
反射神経などを身につけ、神経回路に多種多様な刺激を与えることが重要です。


よって、『運動の得意、不得意は遺伝で決まる?』の答えは

『ウソ』です。

続きを読む

小さい頃から楽しく身体を動かすことが大切

Posted コメント数: 0

○運動バランスを身につけるいも虫遊び

 赤ちゃんの頭が左右上下に動いたらそれに反して、体も同じ方向に動かすことを
迷路反射といいます。これを利用した遊びが「いも虫遊び」です。
布団やマットの上で、大人と一緒にいも虫みたいにゴロゴロ、
ゴロゴロと転がりましょう。反射能力を育てるのにもピッタリの遊びです。
最初は大人がお手本を見せたり、赤ちゃんを回転させてあげましょう。
こうすることで、体や手足を動かすコツをつかみます。

続きを読む